ふたたび線プロジェクト発信

23.4.9

 

可部線可部駅以西が,当自治会の前まで復活することが

濃厚となってきました。

 

駅ができることは、良い意味でも悪い意味でも、

当自治会に大きな影響をもたらすことは間違いありません。

 

そこで、長井自治会では 、

『終着駅のまちづくり委員会(仮称)』を立ち上げ、

これまで進めてきた『やさしい地域づくり』を基軸として、

住民自らが地域を考えていくこととしました。

 

その先行プロジェクトとして

日本で初めて復活する路線である『可部〜新駅間』を

『ふたたび線』と名付け、

 

勝ち組負け組といった、厳しい世の中ではなく、

誰でも再チャレンジし、誰でも復活できる

優しい社会づくりとラップさせ、

 

さらには、当地区の御利益のある伊勢社を

『ふたたびの宮』と名付け、

『ふたたび線』に乗って『ふたたびの宮』にお参りすると、

復活の願いがかなうというストーリーで

新線の利用促進や、地域活性化に

つなげていこうと『ふたたび線プロジェクト』に着手しました。

 

プロジェクト骨子ペーパーはこちら

 

4月9日、有志が集まり『ふたたびの宮』の看板をとりつけ、

お披露目式も開催しました。

 

その様子をご覧ください。

 

岡本勝彦さんにな、看板の加工を担当していただきました。

DSCF8701.JPG

設置は岡本功さんです。金具も自作していただきました。

DSCF8702.JPG

いよいよ設置です。

DSCF8705.JPG

幕がとりつけられ、除幕式の準備完了

DSCF8706.JPG

序幕は、総代の岡本さん、看板の字を書いていただいた松本先生、

近隣自治会の来賓の方々、自治会長、同好会会長の共同作業です。

DSCF8707.JPG

素晴らしい看板のお披露目です。

DSCF8711.JPG

さっそくお参りです。復活のお願いを・・。

DSCF8709.JPG

最後に、参加者全員で記念撮影です。

DSCF8710.JPG

これから、いろいろな取り組みで、この再びの宮を拠点に、

地域づくりに頑張っていきましょう。

 

長井トップへ  管理者トップへ